マスターからの伝言

マスター書き下ろしが届きました。

 

こちらの歌を聞きながら、どうぞ

 

 

すこしづつ秋が近づいて来ましたね。

過ごしやすくなりました。

マスターです。

 

長い夏が明けて、世の中の人が盆休みの楽しかったお休みを

懐かしい思い出に変換しつつある、この二大三連休に

私の最愛の息子が東京から遅ればせながらの

大原家のニックネームで言うところの

シルバーweek(笑)に帰って来ました。

 

 

※ノブはまだ二年目なので盆休みは

仕事で今の時期に先輩方公認の長いお休みを頂いて

早くも二年目なのです(笑)

たくさんの思い出がまたできましたが

一番胸にグッときた思い出を

お数珠ちゃんフアミリーにお話したいと思います。

 

 

少しお付き合い下さいね。

 

いつもこの時期に私の生まれた日(笑)があるのですが

彼は自分自身が祝ってあげないとと思っていてくれてるみたいで

必ず帰ってきてくれてます。

20130917_125512

 

あっという間の5日間でしたが

最終東京に帰るときお見送りに私がホームに一緒に上がる事を

嫌な顔一つせずさせてくれます。

 

 

もちろん新大阪ではたくさんのお土産や食べ物等の投資(笑)が

目的かも知れませんが私はそれが理由でも構わないんです

 

 

なんでもしてやれる母さんになりたい

子供たちがしたいことをしたいねん、

オンマと顔色一つ見ないで言える子供達に育てたい。

 

これが私の夢でしたから。

 

そして二人でプラットホームに上がりノブは新幹線に乗り込みます。

20130918_204409

私は一番には素直で良い子に育ってくれたこと、

みんなへの感謝を忘れない子になってくれたことに

 

 

ただただ幸せを噛み締め

また明日からはこの笑顔を

また冬の休みに見れますようにと切願します。

 

 

本当に時間の経つのは早いものです。

 

実は私のお父さんが長い間単身赴任で

四国 香川県に住んでいた25年以上前に

ノブが生まれてからは

必ずノブとお父さんが帰る日には この同じプラットホームで

italy-86926_640

この手に この今窓の向こうにいる大きく成長した息子が

まだ幼い赤ちゃんで抱き締めながら四国に帰るお父さんに

 

窓越しに 最強の笑顔でお見送りをしていた事が

まるで昨日のように思い出されました。

SAMSUNG

 

あの頃の私はただ 生きるだけに精一杯でした。

このプラットホームに入る120円すらなくて…

 

でもね

今はここまでになれました。

 

だから みんなには絶対に諦めないで欲しいのです。

 

前を向いて歩むのです。

誰にも盗まれない自信と笑顔で。

 

 

 

そんな振り子をふりながら

出発する新幹線に手を振りながら…

japan-86679_640

もちろんその時に私の頭の中にはマッキーのあの歌が流れています

 

残像を右脳にしまい込み、

気持ち切り替えて挑みます。

 

明日からもぜーったいがんばるで

 

 

 

2件のコメント

  • 真野睦美

    私、マスターの息子さんと娘さんにそそぐ愛の話大好きなんです。いつも涙が出ます。私もそんな母になりたいなぁと思って。

  • 植崎弘美

    マスターのこのマッキーの遠くへの歌を聴きながらいつも高校の時岡山に出した息子を思い出します!そして今大人になってあえて遠くに就職して行った息子を思います!マスターの言葉を有り難く信じ!違うところは、時間があればすぐ帰ってきますが(笑)マスターの子供さんへの愛の心暖まる伝言には涙なくては読めません!いつもありがとうございます。

コメントを残す