お数珠ちゃんの日々 3

今日もマスターの愛いっぱい携えて、

あなたの左手で頑張っているお数珠ちゃんたちが

囁いてはります

 

 

「ねぇ、僕たちがんばっているよね(>_<)」

「そりゃそうだよ でも、さすがにくたびれてきたよねえ(+_+)」

o0512032412621851273-2 
「まずいよ、まずいよ オーラくんがハゲてきたよ( ̄□ ̄;)」

「やばいなあ エネルギー漏れちゃう~(x_x;)」

 

「このままじゃあ、ご主人様 くたびれちゃうよ」

「だよね~、もぅかなりくたびれてはるよ」

 

「だって、また不正出血しだしてるやん」

「こまったよねえ(ノ_・。)」

 

 

「知ってる?職場柄 ややこしいのつれてきているよ どうする!」

「ママ(マスター)のところへ連れてってくれないかなぁ」

「だよね~」

 

 

それでもご主人様が偉かったのは、

お数珠ちゃんたちを外さなかったことです

 

 

お数珠ちゃんたちは、更に囁いています

 

「でも、僕らはへこたれるわけにはいかないよ( ̄^ ̄)」

「だよね~」

「ママのところへ連れてってもらえるまで、絶対踏ん張ろ~」

「おお!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:」

で、お数珠ちゃんたちはどれくらい頑張ったのかって?

・・・・・・

・・・・・・・・

o0587035612621636813

職場で活躍しすぎたね、スペクトルちゃん!

こちらはマスターバージョン

マスタースペクトル7 - コピー

 

 

 

 ここまでよく、頑張ったね ダブルリパルス君!

o0572034412621636814

 

 

しんどいこと、片っ端から浄化してくれたダブルリパルスくん!

ちなみにマスターのダブルリパルスくん

 

マスターのリパルス - コピー

 

 

 

 o0560033412621636811

よう頑張ったね ポジティブちゃん

ポジ

 

 

こちらもマスターのポジティブちゃん

o0563035812621636812

オーラのお珠ちゃんが

「え?浄化ちゃん?」と思うくらいくらい頑張ったねえ

ミラクルちゃん

マスターのミラクルちゃん2

 

 

そして、マスターのミラクルちゃん

でも、お数珠ちゃんたちは、ご主人様の切願を知っているから

さらにママ(マスター)が持ち主さんの切願を

「絶対切願」まで昇華してくださっているのを

知っているから、へこたれないんです

 

 

さすがにご主人様は、お数珠ちゃんたちに申し訳なくてって

里帰りさせてあげたんです

 

 

欲を言うなら、もうちょっとはやくつれてきてあげてね

じゃないと、ほんっとしんどくなるからさ
スポンサードリンク


 

お数珠ちゃんの日々 2

今日もマスターの愛いっぱい携えて、

あなたの左手で頑張っているお数珠ちゃんたちが

囁いてはります

 

o0512032412621851273-2

「ねえねえ、また魔切りくんでかぶれているよ」

「この前はマラカイトくんだったじゃん」

 

「ていうか、ご主人様 外圧にやられているの気づいてないのかなあ」

「いや、気づいていると思うよ」

 

「外圧と向き合おうとしてないんじゃないの?」

「難しいよね どうやって向き合ってもらう?」

「うううーーーーーーんん」

悩むお数珠ちゃんたち

 

 

「仕方ないけど、思いっきりかぶれてもらおうよ」

「でもさ、今だって血が出るくらい掻いてるよ」

 

「血が出るくらい掻き続けたら、ママ(マスター)に絶対相談するはずだって」

「だよね~」

 

このお数珠ちゃんたちの持ち主さんはどうなったのかって?

・・・・・・

・・・・・・・・

 

o0653108912605823760

 

手の甲側だけかぶれるんですよ

 

「手のひら側」って、

「自分に問題がある場合」

 

 

「手の甲側」って、

「自分以外の第3者にストレスがある場合」

かぶれるんです

 

 

お数珠ちゃんたち半端ねえ

 

 

で、その後どうなったのかって?

 

その方、マスターに相談されたところ

「先頭の魔切りちゃん、新しくしたら治るよ」

あああああ・・・

 

 

魔切りちゃんもストレスめっちゃとってくれていたのね

 

何故、先頭の魔切りちゃんをかえるのかは

こちらから

スポンサードリンク