龍生九子(りゅうせいきゅうし)とは

中国の伝説上の生物です。

龍が生んだ九匹の子のことです。

龍生九子的一個版本

 

出典:龍生九子的一個版本

 

それぞれが姿かたちも性格も異なっていて

その性格に合わせた場所で

それぞれ活躍していたと言われています。

 

「升庵下集」の説によれば

 

贔屓(ひき、びし)
見た目は亀に似ている。重きを負うことを好むと言われています。
螭吻(ちふん)
見た目は獣に似ている。遠きを望むことを好むと言われています。
蒲牢(ほろう)
見た目は龍に似ている吠えることを好むと言われています。
狴犴(へいかん)
見た目は虎に似ている。力を好むと言われています。
饕餮(とうてつ)
見た目は獣に似ている。飲食を好むと言われています。
蚣蝮(はか)
見た目は魚に似ている。水を好むと言われています。
睚眦(やず)
見た目は流に似ている。殺すことを好むと言われています。
狻猊(さんげい)
見た目は獅子ににている。煙や火を好むと言われています。

椒図(じょくと) 

見た目は貝、蛙ににている。閉じることを好むと言われています。

2013y09m12d_234659000

 

マスターのやあず君

 

偉大な親は超えられなくても、

それぞれのよさがあるんだよということを物語っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください