報連相をする本当の意味

マスターは常に報連相の大切さをといてくださいます。

 

毎日、変わらない日を過ごしているので

特に報告することもない

毎日、同じ報告っぽいのをするのに意味があるのか

という方もいらっしゃると聞きました。

 

お数珠ちゃん使いが

マスターに報連相する本当の意味を教えてくださったお話です。


 

あるクライアントさんが

魔切りちゃんのゴムが切れたと連絡ありました。

 

そのことについて、マスターが教えてださった事。

魔切りちゃんをもつ、お数珠ちゃん使いには知っておいてほしいお話です。

 

 

 

目玉魔切りちゃんは読んで字のごどくというか。。。

この世は目に見える可視と目に見えない不可視があります。

 

そして二つの目はクライアントさんの目

あと二つは私の心眼と神眼…

イコールビックマスターの瞳でもあります。

 

そしたら今回はやっぱりあれだけ幾度もあってるのに

報告連絡相談してくれれば

たとえ 目に見えなくとも私がクライアントさんの子供さんを

想ってやれたと思う残念な気持ちを

クライアントさんにに気づいて欲しいって思う気持ちが

飛んだんだろうね…

 

来年もあると思うのと

子供さんの気持ちを少しでも楽にして

あの子らしく生きることがどれだけ楽しく幸せなことか!

ということを思い願う私の気持ちが伝わらないから切れたのやね…😨😅

 

 

さあ気持ち切り替えて一緒に支えましょう

 

愛する子供たちのために(^^)

頑張ろう❤

 

※クライアントさんの名前は伏せております。

 

 

マスターに相談するということは

マスターと共にという観点です。

 

相談して一緒にという想いがないと

(ないわけではないでしょうけれど)

マスターのエネルギーが届かない。

 

 

ここが勿体無いところなのです。

 

そのマスターの気持ちが魔切りちゃんの

ゴムが切れてしまうという形になって現れるんです。

 

 

お数珠ちゃんはあなたの分身だから

潜在意識の想いを形にして見せてくれるわけ、

 

 

報連相とは、マスターと共にです。

 

 

一日、約7万回も頭の中でいろんな思考をしているのに

相談することがないっていうのはありえないっぽいですけれど。

 

 

 

目の前に起こった事柄だけではなく

あなたが思った事、なぜそんな風に思ったのかとか

相談することは山ほどあると思うのです。

 

それを伝えていかないと「核」って変わらないものですぞ。

 

 

 

 

ハリボテメンター マスターからの伝言

ハリボテとは

検索すると「見かけは立派だが、実質の伴わないことやもの。」

ではハリボテメンターってなんでしょう

マスターとのやり取りで教えていただいたお話をシェア

 


いろんなシーンでマスターをお伝えしたい方々

というのが出てきます。

 

セミナーで習った

マスター語録

 

これをマスターイズムを知らない人に伝える時に

失敗しがちなお話を教えていただきました。

 

 

誰かにお伝えした時一言

「私を導いてくださったメンターに習った」

という一言が抜けるだけで

完全に自分の考えみたいにお伝えすると

これが「ハリボテメンター」になってしまうのです。

 

 

 

最初はいいこと言うよね

なんて尊敬されるんですけど

 

 

自分の手柄のように伝えていくと

そのうちメッキが剥がれるがごとく

えらい目にあっている方も、見てきましたし。

 

 

 

 

「メンターがいて学びを得た」と

ここ抜けると、後々足元崩れて言ってしまいますゆえ

気をつけたいところです。