感謝の周波数とノイズのお話

 

マスターが教えてくださる大切なこと

 

 

「心ここに在(あ)らざれば、視(み)れども見えず、聴(き)けども聞こえず、食(く)らいてその味を知らず」

心がここにない状態

 

つまり、うわの空で、地に足がついていないようなフワフワとしているようなときは、

 

どんなに大事なものを見ても、見逃してしまうんだよと教えてくださいました。

 

 

どんなに大切な話を聞いても、何も耳に入ってこないし、

 

どんなにおいしいものを食べても、

 

何を食べたのかさえ覚えていない。

心がここにない状態のときは、

 

頭の中がノイズで一杯になっているんです。

 

 

その反対に、心が感謝の気持ちでいっぱいのときや、

 

感謝のエネルギーに満ちているときには、

 

チャンスを見逃すことはない。

 

 

それが、感謝の周波数に乗っているとき。

自らお手本を示してくださるマスターに習って

 

今日も感謝の周波数に乗って行きましょね〜